美容師とコミュニケーションを取る事が大切

美容室とか美容院等の名前が付いている場所に出掛ける時には、長く伸びすぎた髪の毛を単純にカットして貰いたい、あるいはこれまで長く伸ばしてきた黒髪を、気分を一新する為にバッサリと切って貰いたい等の要望があるでしょう。
行きつけの美容室で長く利用していて、施術をしてくれる人ならこの人と決めている場合で、いつもの様にして欲しいと伝えるだけで望む施術が出来るのであれば、何の問題もありません。
しかし初めて来店するお客であれば、話は変わって来ます。
まず、美容師はカウンセリングをして、どの様な髪型にするのか等の質問をして、好みの傾向を探る質問をしてくる筈です。
場合によっては、髪質等をチェックしてくれるかも知れません。
しかし特に髪型等について関心が薄く、上手く切って下さいとか、お任せしますので気に入る髪型にして下さい等の余りにも、抽象的な注文ではどの様に切ったら良いのか苦慮する事になります。
逆に芸能人やタレント等の切り抜きの写真を持参して、この通りにして下さいというのも、来店したお客の顔立ちや髪質、あるいは髪の毛の量によっては似合わない事もあるので困惑するケースの一つに挙げられます。
優秀な美容師であれば、その様な場合はヘアカタログ等を見せながら、こちらの髪型の方が似合うのではないか等と、お客に納得して貰えるアプローチをしてくれるでしょう。
つまりお客が綺麗にそして、出来るだけ希望に沿うようにするにはどうしたら良いのか、という所が大切で、もしそのような美容院があったら、アドバイスをしてくれた美容師の名前を忘れない様にしましょう。

▲TOP